HOME > カテゴリー '機能の説明'

機能の説明

1月

02

Adempiereはマルチ言語に対応していて、ログインするときに使用する言語を選択することが出来ます。
(ただし、利用したい言語の翻訳データがあらかじめインポートされている必要があります)
この機能を使うと、1つの企業内の同じデータを別の言語を使って表示することが出来ます。

lang_select_login.png

12月

17

Adempiereシステムでのユーザーとは、IDとパスワードを持っていてシステムにログインできるアカウントのことです。
役割(ロール)とは、ユーザーが所属する利用権限が設定されたグループのことで、役割(ロール)ごとに各ウィンドウやプロセスなどに対するアクセス権限を設定することが出来ます。
同じ役割(ロール)に割り当てられているユーザーは、同じアクセス権限を持ちます。
また、ひとつのユーザーは、複数の役割を持つことができ、ログイン時に役割を選択することも出来ます。

12月

08

ビジネスパートナーとは、仕入先、顧客(販売先)、従業員の3つをまとめた呼び名です。
仕入先として登録されたビジネスパートナーは、発注ドキュメントを作成するときのリストで表示されます。
顧客として登録されたビジネスパートナーは、受注ドキュメントを作成するときのリストで表示されます。
ひとつのビジネスパートナーを、仕入先と顧客(販売先)、従業員と顧客(販売先)など、
複数の目的のビジネスパートナーとして登録することが出来ます。
これにより、ビジネスパートナーの住所情報などを一元管理することが出来ます。